ローン返済

案内する女性

住宅ローンの滞納してしまった方は一度コチラをご覧ください!どのような流れになるかを理解しておきましょう!

これまで長らく日本は終身雇用が当たり前の世の中でした。就職すれば定年退職までずっと同じ職場で働くことができると信じられており、解雇や倒産は滅多にないものと考えられてきました。しかし、近年では大企業のリストラや倒産は珍しいことではなくなってきています。そのため、住宅ローンを組んで家を買うことに対しても考え方は変化してきているとも言えるでしょう。例えば30年の住宅ローンを組んだとしても、30年後まで今の収入を下回ることも想定しておくことが大切です。滞納すると住宅ローンの場合は厳しく、差し押さえの手続きまでのスピードは早いと考えておきましょう。数ヶ月くらいなら大丈夫だろうとのんびりせず、すぐに対処することが大切です。

住宅ローンを滞納するような状況として考えられるのは、給料が大幅に減ってしまったり失業してしまった時ではないでしょうか。口座にお金を入れ忘れてしまったという場合を除けば住宅ローンの滞納は事前に予測ができるものばかりと言えます。引き落とし日よりも前に、金融機関に連絡をすることは基本と言えるでしょう。返済計画を立て直すという方法もありますし、任意売却をするにしても早めに動くことで心にも余裕を持って落ち着いて行動できるでしょう。クレジットカードなどの引き落としに間に合わなかった場合と住宅ローンの滞納が大きく違う点は、強制的に差し押さえられ住む場所や財産がなくなってしまうことも考えられるという点です。そのため、早めに行動することが肝心なのです。

専業主婦でもカードローンが使用できるものもあるので、金利手数料などをこちらのサイトで調べてみましょう!

万が一の場合

説明する男性

新築の戸建やマンション購入には住宅ローンが組まれるのが一般的であるが、無理をしない範囲でローンを組むのが大切です。それでも、リストラなどにより、住宅ローン滞納する事態が生じる可能性はあります。任意売却は、検討する価値があります。

Read more


住宅購入

一戸建てと芝生

住宅購入をするときには住宅ローンを利用してお支払いをする人も多いです。数千万円のお買い物は住宅ローンを利用することで少しずつお金を返済していくことができます。住宅購入のときはきちんと返済プランを考える必要があります。

Read more

遅延損害金の発生

重ねた札束

リスケジュールの相談をするなら任意売却の業者が一番でしょう。任意売却だけでなく、リスケジュールの交渉も依頼することができます。滞納しそうだと思ったなら、すぐに任売業者に相談しましょう。住宅ローンの滞納を甘くみると、やがては競売です。

Read more